スワップポイントを狙うならどの通貨?

FXの初心者ながら奮闘をしています。もう少し早く始めることが出来れば円安の大きな流れに乗れたみたいですが、今からでも頑張っていきたいです。
FXを始めたのは口座を開くとたくさんのポイントがもらえるキャンペーンを魅力的に感じたからです。
お得だなと思いましたし、FXには興味があったので、キャンペーンを利用して始めようと決心をしました。

単純な理由ですが、頑張って資産を築いていけるといいです。
チャンスはすごく多くあると感じますし、長い時間トレードをすることが出来るので、上手な人はどんどん稼いでいくのだろうなと想像をしています。
もっとFXのことを理解してポジションを作るとかそういうことも出来るといいなと思っています。
資産運用はしたことがなかったので不安もありますが、FXで派手ではなくていいので地道にやっていきたいですね。

地味にFXをやっていくのにスワップポイントを活用する方法もあります。

長期投資をしてスワップポイントをコツコツ貯めたいと思っている方は、日本円よりも金利が高い国の通貨を持つことで、毎日金利が自分の資産に付与されるのです。
出典:FXスワップ比較ランキング | スワップ金利の高いFX業者で複利運用

狙うのであれば、高金利通貨を分散投資するのがオススメのものとなっています。
まず外せないのが先進国であり、高金利通貨であるオーストラリアドルやニュージランドドルなどは外せないものとなっています。
そして、次に視野に入れるものとして、南アフリカランドとトルコリラがあります。

こちらは発展途上国ではありますが、南アフリカに関しては金やプラチナの埋蔵量など資源が豊富であるので、今後、通貨が上昇も期待することができます。
また、トルコリラに関しても南アフリカを上回る政策金利となっているのでスワップ金利目的には最適なものとなっています。

これらの通貨を単独で運用するのは危険が伴うので、出来る限り複数の通貨を分散投資するのがオススメとなっています。
また、ドルコスト平均法などの投資方法などを利用してコツコツ積み立てていくのもよいかと思います。
高金利通貨は保有するだけでスワップがもらえるので為替変動に一喜一憂することもなくオススメです。

23時頃に建玉があって、相場が安定していてさらに利益が見込めそうなとき、そのまま思い切って寝てしまうときがあります。
しかし、夜な夜な気になって起きたときにはレートを確認しています。とくに値動きがなかったなら、それでよしとして再び寝ます。

結局、きっちり起きたときには、ほとんど値動きしていないことのほうが最近では多いです。
寝る前にこれは放っておくとどうなるかわからないという気配を感じるときは、23時頃になったら決済してしまっています。決済するかしないかは、そのときの勘で判断していますが、経験が多くなっているためか、決済しないときはだいたい動かないことが多いです。

かつては夜中というと、本当に相場がどうなるかわからない恐ろしい時間帯でした。
たいてい夜更かしして、昼夜逆転するとき、FXをしています。
FXをすれば、夜更かしせずにはいられないときがあります。
夜に値動きする可能性が高い場合、起きたときにどうなっているかわかりません。

伸びるような大陰線が発生 クロス円急落

2015年8月に起こった人民元切り下げによる世界同時株安は、約2ヶ月の間で終焉を迎えたかのように思っていました。
しかし、今年になってまた再発しましたね。
新年から、中国指標が悪化。中国のことで相場がリスク回避になって、数日たってから今度は人民元切り下げの大きな波。

結局人民元は2日連続で切り下げられたのだが最初は全く気付けませんでした。
指標がなかったことで、まず誰かの要人発言を疑いました。
その通貨の国の要人発言なら、その通貨のみが下落するはずです。
しかし、見ていくと、すべてのクロス円が下落していることに気付く・・・。
このことから、日本の要人発言の可能性があると思いました。
予想は外れで、正解は人民元切り下げだと知りました。
どうして気づけなかったのでしょう?
急落した時間にチャートを合わせてみると、伸びるような大陰線と時間がヒントになっているじゃないか。

10時過ぎから10時20分までの間にそれが起こっていることで、昨年と全く一緒だと恐怖がよみがえってきました。
こんな相場でスキャルピングしていたらと思うとゾッとします。

順張りと逆張りどちらで取引をすればいいか

FXのトレードをする際に為替の値がどちらに動くのかを予測することがとても重要です。
なぜなら為替差益を獲得することによってお金を増やすことができるからです。

そして為替の値の予測の方法は今後も継続的に同じ方向に為替の値が進むだろうと予測し、その方向に沿ってエントリーをしようとする順張りと相場の過熱感が出ているので、現在動いている為替の値の方向とは逆の方向に進むだろうと予測する逆張りの方法がありますが、どちらの方法で取引をすればいいのか気になるところです。

そしてこれからトレンドができるなと感じられる時は文句なしに順張りの方法で取引を考えます。
一方トレンドができてある程度継続して為替の値が進んでいる場合はどちらの方法で取引することも考えられます。
順張りの場合は相場が反転する可能性もあるので短期で取引をすることになります。
一方逆張りの方法で取引をする場合は相場の反転後大きな利益を狙うため長期保有を意識してトレードすることになります。

上記のことから順張り、逆張りどちらで取引をすればいいかということはケースバイケースです。

スワップポイントでじっくり稼ぐ予定だったのに。。

数年前、豪ドル/円の政策金利がまだ7%くらいあったとき、私はFXを初めて間もないころでした。
当時は株取引もやっていましたが、全然損益が出ず、毎年マイナスを計上していました。
そんなときFXに出会い、FXならばほっておいてもスワップポイントで一日当たり80円くらい入ってくる計算なので、数ロット持っているだけでもだいぶ稼げるなぁと思っていました。

しかも豪ドル/円が上がれば値上がり益もとれるし、いいことずくめだと、ある意味初心者的な勘違いをしていました。
でも世の中そんなうまくはいきませんよね。
リーマンショックやら毎年起こる何かしらのショックやらでスワップポイント以上に豪ドル/円は下げ始めて、損失が数十万と大きく膨らんでしまいました。
もうスワップポイントどころじゃありませんでしたね。
証拠金もそんなに入れてなかったのでいずれ強制ロスカットされ、結局損失を計上してしまいました。
FXはスワップポイントで稼ぐにしても、通常の値上がり益値下がり益を狙うにしても、自分の許容するレンジを外れた時点でしっかりとロスカットできる人じゃないと、続けていくのは難しいなぁと思います。

まだまだ勉強不足ですね!!

FX初心者が留意すべきこと

FXを始めたばかりの初心者の方は、まずデモ取引を使ってお試し取引を行ってみることをおすすめします。
というのも、FX初心者がいきなり現金を使って取引をするのはリスクが高すぎます。
ですからまずはバイナリオプションなどの仕組みを知り、「こういうものなのか」という知識と指標の見方、操作の仕方などを学びながら、じょじょに覚えていくほうが無難です。

ほぼすべてのFX業者の公式サイトでは、お試しで取引できるシステムが用意されています。
バイナリオプションを採用しているところが多いと思いますが、だいたいは選んだグラフの位置が1分後に上下どちらに動いているかを予想する形式となっています。
もし当たれば倍率に応じたお金が払い戻されますので、短期取引の代表のようなものです。

FXを知るには、一にも二にも勉強です。
いきなり始めてすぐに儲けは出ません。
運良く儲けが出たとしても、安定して稼ぐためにはやはり長期的な勉強が必要になりますので、ご自分の力量を計りながら試されていくのがよろしいでしょう。